最近、注目の顔汗治療とその方針とは

今の時代、ひどい顔汗で悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

一般的に知られている病名には顔汗多汗症があります。
顔汗多汗症は、それほど汗をかく場面でないのに必要以上に汗をかいてしまう病気とされています。
この症状は実際に生活に支障をきたしていなければ様子観察するという方針がとられています。しかし病院で治療が施されていますので治る可能性もあります。
1人で悩まずに医師に相談されることをおすすめします。

最近、注目されている治療法の中には汗を抑える成分を含む商品を使った方法があります。
たとえばサラフェという名前を聞いたことがあるでしょう。
サラフェは顔汗を抑える制汗剤として知られていて配合成分に高濃度のパラフェノールスルホン酸亜鉛が含まれています。

今の時代、顔汗多汗症を根本的に治す手段はないようですがあきらめてはいけません。
それにとって代わる治療法としてボツリヌスや神経遮断薬などを注射する方法があり、ある程度の効果が報告されています。

また漢方薬などの薬も効果があり治療方針の中に含まれているようです。

また汗をかく人は精神的な緊張やストレスなどが関わっている可能性もありますので、精神安定剤を併用することで効果がでる場合もあるようです。

まずは病院を受診され、自分にあった薬を処方してもらうことが必要です。
また胸腔鏡下交感神経節遮断術という手術もありますが、その副作用に代償性発汗という症状が多くの方にみられるという報告があります。
手術はあくまで最終手段として考えましょう。
まずは制汗剤を使った方法から始める方針で治療をすすめてみてはいかがでしょうか。